MENU

slide
slide
slide
slide
slide
slide

Read MoreClose

Liquid Mine
ビジョン・ミッション

  • 画像:Vision-すべての癌を克服する。
  • 画像:Mission-最先端の遺伝⼦解析により、より多くの癌患者⼀⼈ひとりに最適な治療環境を提供する。

Message

⽩⾎病を治療するための⾼精度な情報を得る
”検査⽅法がない“という問題を解決したい。

画像:メッセージ
画像:メッセージ

2015年、東京⼤学医科学研究所(IMSUT)のメンバーが始めた
遺伝⼦解析の研究が私たちLiquid Mine設⽴のきっかけとなりました。

現在もなお、多くの⼈々を苦しめる⽩⾎病。その治療成績は他の癌と⽐べて著しく低く、半数以上の患者さんが数年以内に命を落としている実情があります。原因のひとつとして挙げられるのが、治療のために必要な情報を得るための検査⽅法が存在しなかったこと。癌は遺伝⼦異常により発症する病気ですが、⽇本においては癌ゲノム医療がほとんど浸透しておらず、変異遺伝⼦の特定ができないままに画⼀的な治療のみに頼らざるを得なく、医師も患者さんも、まるで⾒えない敵と戦わなければならない状況が続いてきました。

もっとゲノム医療が進歩すれば、⼈類は癌を克服できるかもしれない。
IMSUTの研究はその扉を開くものであり、2017年には「MyRD」の検査システムを確⽴するとともに多施設で臨床試験を⾏って実績を重ね、学会や専⾨誌など各⽅⾯から⼤きな注⽬を集めてきました。
そして今、この「MyRD」を研究室の中だけに留めることなく、⼀⼈でも多くの患者様を救うべく世界に広めていくことを⽬的とした事業会社を設⽴することになりました。
当社名「Liquid Mine」は、世界的に脚光を浴びている「Liquid Biopsy(液体生検)」によって、患者様それぞれにテーラーメイドで検査薬をつくる(私のもの=Mine)事業ドメインを表現したものです。

最新の遺伝⼦解析によって、テーラーメイドで検査薬を作り、⽩⾎病細胞がどれくらい減ったか、残っていないか、再発していないかを正確に把握することができる「MyRD」は、患者様それぞれの遺伝⼦変異などを詳しく解析して⼀⼈ひとりに寄り添う精密医療を実現し、⽩⾎病治療に新たな希望の光をもたらすものです。

私たちは、⽇本のゲノム医療をリードする東京⼤学医科学研究所のエキスパートチームとの協働により、⽩⾎病をはじめとするすべての癌の克服に向けて、ゲノム医療の可能性を追求してまいります。

画像:代表取締役 近藤幹也

株式会社 Liquid Mine

代表取締役 近藤幹也

内科認定医・⾎液内科専⾨医

2013年
岐⾩⼤学医学部医学科卒業
2013年
⻁の⾨病院
2017年
東京⼤学医科学研究所附属病院
2018年
東京⼤学大学院医学系研究科博士課程

ABOUT US

会社概要

社名
株式会社 Liquid Mine
英語社名
Liquid Mine, Inc.
代表
代表取締役 近藤 幹也
設⽴年⽉⽇
2019年11月7日
所在地
〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1 東京大学医科学研究所1号館東ウィング108号
電話番号
03-6409-2387
資本⾦
990万円
従業員数
7名
事業内容
  1. 医療に関する各種検査プログラムの開発、販売
  2. 遺伝子解析検査業務の受託
  3. 病理検査業務の受託
  4. 体外診断用医薬品の研究、開発、製造、販売
  5. 前各号の附帯関連する一切の事業

Advisors

アドバイザー

  • 画像:横⼭ 和明

    横⼭ 和明

    東京⼤学医科学研究所附属病院血液腫瘍内科助教

  • 画像:宮野 悟

    宮野 悟

    東京⼤学医科学研究所ヒトゲノム解析センター教授

  • 画像:東條 有伸

    東條 有伸

    東京大学医科学研究所附属病院病院長
    東京大学医科学研究所先端医療研究センター教授

  • 画像:井元 清哉

    井元 清哉

    東京⼤学医科学研究所ヘルスインテリジェンスセンター教授

お問い合わせ